プライバシーポリシー

カテゴリー

アーカイブ

2011.10.02

日本癌治療学会第49回学術集会にて調査結果を発表しました。

名古屋で開催されました日本癌治療学会第49回学術集会の3日目(2011年10月29日)の示説123 緩和医療 疼痛管理1にて『がん治療中の「痛み」すくいあげプロジェクト』と称し企画実施致しました調査結果を発表いただきました。

日時 2011年10月29日(土) 12:50〜13:40
座長 広島県緩和ケア支援センター 本家好文先生
タイトル・
発表者
「外来化学療法室における痛みのスクリーニング」 田中登美 先生(大阪府立大学 看護学部講師)
「外来化学療法中の患者における痛みとしびれの実態調査」 幸阪貴子先生(東京医療センター 外来看護師長)
場所 名古屋国際会議場 示説会場

カテゴリー

この情報を共有する

facebookfacebook
LINELINE
twittertwitter

緩和ケア 緩和ケア

緩和ケア推進コンソーシアム事務局

〒150-0002

東京都渋谷区渋谷2-17-5 シオノギ渋谷ビル5F
(塩野義製薬株式会社内)

TEL 03-3406-8116

FAX 03-5466-6721

facebookfacebook
LINELINE
twittertwitter

Copyright (C) Cancer Pain Relief Consortium. All Rights Reserved.