がんの痛み治療について

緩和ケアは、がんと診断されたときから、がん治療と一緒に始めるケアです。
がん患者さんとそのご家族の身体的・精神的な苦痛をやわらげ、可能な限り質の高い生活を送れるよう、診断、治療、在宅医療など様々な場面で切れ目無く実施されます。

緩和ケアでは、痛みを取り除くことを第一に考えます。
ここでは、特に、がんの痛みの治療について説明します。

残念ながら我が国では、がんの痛み治療が十分に行われているとはいえないのが現状です。その原因は「がん患者さんが医療者に痛みを訴えない」「治療薬(医療用麻薬など)の誤解、抵抗感が根強い」「医師の痛み治療に対する関心が薄い」の3つがあると言われています。私たちは特に「がん患者さんが医療者に痛みを訴えることの重要性」について、がん患者さんや全ての方々に情報発信を行っています。

がんの痛みはお薬で和らげられます。

がんの痛み治療法・・・それは多くの国々で実践されている「WHO方式の治療法」です。この治療法に基づいて正しく治療すれば,ほとんどの痛みは取れるということが科学的に証明されています。

治療には様々な鎮痛薬が使用されます

がんの痛み治療には、鎮痛薬が使用されます。使用される鎮痛薬は、鎮痛効果が比較的穏やかな歯痛などに使用されるお薬から、鎮痛効果が強いお薬(医療用麻薬)が使われます。

鎮痛薬の正しい知識を持ちましょう。

がんの痛みのような、慢性的に続く強い痛みのある方に、医師が適切に処方する医療用麻薬では中毒(依存)になることはありません。
これは科学的に証明されています。

がんの痛み治療をもっと広げましょう。

がんは,我が国での死因トップの病気で,私たちにとってとても身近な病気です。決して他人事ではないのです。男性では2人 に1人,女性では3人に1人ががんと診断されると報告されてい ます。