コンソーシアムの概要

私たち、緩和ケア推進コンソーシアムは、2008年4月に「がんの痛み治療の普及・啓発を目的とした企業団体」である「がん性疼痛緩和推進コンソーシアム」として設立されました。その後、がんの痛み治療の普及だけでなく、緩和ケアの推進に取り組むべく、2014年4月に現在の名称に変更しました。厚生労働省「がん対策・健康増進課」や日本緩和医療学会、国立がん研究センターなどの団体と歩調を合わせ、産業界の立場から「多くの方々に『緩和ケア』の正しい情報を伝えるための取り組み」を行っています。

設立目的

日本のがん患者さん、そのご家族および“がん”を患う可能性のある全ての方々に…

会長メッセージ

すべてのがん患者さんとそのご家族が、様々なつらさから解放されるために、私たちができること…

組織体制

加入企業各社から委員を選出し、その中から会長、幹事、会計監事、事務局長を選任し、組織しています。

事業紹介

テーマ毎にワーキンググループを設置し、活動を行っています。